インプラント治療は吹田市の歯科・歯医者 健都やまもと歯科へ

吹田市の歯科医院(歯医者)健都やまもと歯科
ネット診療ご予約
インプラント
インプラントについて
インプラント治療とは、歯の欠損部にチタン製の小さなネジのような形状の人工歯根(インプラント)を埋め込み、冠を被せて歯を作ったり、半固定の義歯を作ったりする方法です。

多くの人は、歯を失った時の治療法として、入れ歯や差し歯を想像するかと思います。その場合、「うまくかみ合わない」「がたがたする」といったことから、食べものがきちんと咬めないといった体の面だけではなく、人前で自然な笑顔が作れないなど精神的なストレスも溜まってしまうことがあります。

インプラント治療は、そのような問題を解消し、見た目的にも機能的にも天然の歯を再現することができ、健康な状態で日常生活を送ることができます。

健都やまもと歯科では世界3大インプラントでありますデンツプライ社のアストラテックインプラントシステムを導入しております。 アストラテックインプラントシステム

また、下記のことでお悩みの方に、吹田市の健都やまもと歯科では「インプラント治療」をお勧めいたしております
  • ブリッジで健康な歯を削るのは少し…と思われる方
  • 入れ歯に抵抗感のある方(いればの針金が気になる方)
  • 生まれつき歯が足りない方
  • 病気や事故、何かのアクシデントで、歯を無くされた方


インプラント治療は吹田市の歯科・歯医者健都やまもと歯科へお任せ下さい


インプラント治療における当院の理念
①徹底した術前審査②わかりやすいカウンセリング③患者様の選択を第一に④痛みのすくない治療を 健都やまもと歯科ではインプラント治療以外の治療法をご提案させていただき、患者様が納得できる治療方法を一緒に考えていきます。
また、インプラント治療は、外科的処置をするため「痛い・怖い」といったイメージを持たれている患者様も多いと思いますが、経験豊富な医師による高水準の技術と最新の設備でなるべく痛みやストレスを感じさせないように取り組んでいきます。


インプラント治療なら吹田市の歯科 歯医者 健都やまもと歯科へ


当院が実施する最先端インプラント治療のご案内
CT撮影の重要性
インプラントインプラント治療ではあごの骨がどういう形態になっているかを立体的に診ることが欠かせません。

従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんが、CTを用いると3次元の立体画像が得られ、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができます。
そのため当院では手術前にCT撮影をお願いしています。
インプラント
CT撮影による被ばくについて
インプラントあごのCT撮影は被ばくを伴いますが、自然界で1年間に受ける被ばく量よりも小さく、確実で安全な治療のために非常に有効です。

※全国歯科大学・歯学部附属病院診療放射線技師連絡協議会ホームページ、資源エネルギー庁ホームページ、原子力・エネルギー教育支援情報提供サイトより一部改変引用



インプラント治療支援システム「Landmark System™」 の活用
インプラント さらに当院ではインプラント手術支援システムの日本トップシェアであるアイキャット社のLandmark System™を採用しております。撮影したCTデータをコンピューターで解析することにより、一歩進んだ安心・安全な手術を実現しています。

Landmark System™とは?

大阪大学歯学部での研究成果を元に設立された株式会社アイキャット(iCAT)が開発した、診断から手術までをトータルにサポートする、最先端のインプラント治療支援システムです。

Landmark System™を用いた最先端インプラント治療の流れ
【Step.1】CT撮影【Step.1】CT撮影

従来のレントゲン撮影では正確に把握することが難しかった、あごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握するために、CT撮影を行います。
撮影は数秒間で痛みもありません。


【Step.1】CT撮影【Step.2】診断・治療計画

撮影したCTデータを専用のインプラントシミュレーションソフト『LANDmarker』に取り込み、患者さま毎のあごの骨の硬さや形、神経の位置などを詳細に確認しながら、インプラントの最適な埋入位置を診断します。

診断後には『LANDmarker』を用いて分かりやすく全体的なインプラントの治療計画をご説明しますので、十分にご納得いただいた上で治療を進めていくことが可能です。

治療終了・保定・定期観察【Step.3】手術

診断した結果を元に手術を行います。
ソフト上で診断した位置にインプラントを精度高く埋入できるようサポートする手術支援器具『Landmark Guide™』を作製します。
より安心・安全な手術を実現するとともに手術時間を短縮し、患者さまの負担も軽減します。

Step.1~3によって、リスクを軽減した上で最適な位置にインプラントを埋入でき、天然歯の代わりや義歯の土台として、インプラントが持つ機能を最大限引き出すことが可能になります。

インプラントは吹田市の歯科医院(歯医者)健都やまもと歯科へ/JR岸辺駅直結のVIERRA岸辺健都2階の歯医者


他の治療法との比較
インプラントは、従来の治療方法より多くのメリットがあります。インプラントは、入れ歯のように留め具(バネ)がなく、ブリッジのように隣の歯を削る必要も無いため、見た目に良いだけでなく残っている健全な歯に負担をかけません。しっかりと固定されているので、自分の歯のように噛むことができます。

下記に、従来の治療方法とインプラント治療の比較表を掲載しておりますので、是非ご確認下さい。



インプラント

ブリッジ

入れ歯・義歯
インプラント ブリッジ 入れ歯(義歯)



・自分の歯と同じように噛む
 ことができる
・審美性に優れている
・残っている歯を削る
 可能性が低い
・材質によるが
 保険適用内である
・義歯のように取り外しを
 する必要がない
・外科的侵襲がない
・残っている歯を削る量は
 一番少ない
・外科的侵襲がない




・保険適用外である
・外科的侵襲が加わる
・治療期間がブリッジ、
 義歯より長いことが多い
・隣り合う歯を削る
 必要がある
・削る歯の神経治療を
 する可能性がある
・食べ物がつまりやすく口の
 中が不衛生になりやすい
・審美性に劣る
・取り外しをする必要がある
・ばねのかかる歯の負担が
 大きい
・噛む力が劣る
上記のように、インプラントを利用することにより、他の健康な歯へ負担などがなくなります。
吹田市の健都やまもと歯科では、インプラント治療実績も豊富にございますので、インプラント治療をお考えの方は是非ご来院下さい。




吹田市の歯科医院(歯医者)健都やまもと歯科/虫歯治療、小児歯科、矯正歯科、インプラントなど対応の岸辺駅直結の歯科医院(歯医者)

24時間受付ネット診療予約
  • 診療科目案内
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科
  • 訪問診療
自費治療はクレジットカード/デンタルローンに対応
デンタルローン「アプラス」

吹田市 歯科 歯医者 健都やまもと歯科|岸辺駅直結の歯医者です。

〒564-0018 吹田市岸部新町5番45号 VIERRA岸辺健都2階 健都クリニックモール内